2020年ディズニーの開発計画!ベイマックスが登場?

   

2020年にディズニーランドとシーが変わる?

2014年にビッグニュースが流れ、美女と野獣のお城が作られるなどの噂が満載だった、「2023 ありたい姿」の開発について2016年4月27日にオリエンタルランドから続報が流れてきました。

2023年までの10年間にじっくりと時間をかけて実現していくという話でしたが、来園者数が想定していたよりも多いことから(値上げも少しは貢献?)、2020年に前倒しでディズニーリゾート全体の開発を進めるそうです。

東京オリンピックに何が何でも間に合わせたいのでしょう。

今回はその続報をもとにディズニーリゾート内に導入されるサービスやアトラクションを個人的な想像などと一緒にお話します。

ディズニーランドの開発~美女と野獣エリアおよびファンタジーランド~

ディズニーランドでの最大の開発は美女と野獣エリアですよね。

公開されているデザイン画には野獣が住むお城が描かれており、その近くには町娘姿のベルもいますよね。

また今日、見たデザイン画では美女と野獣のライドタイプアトラクションが作られるそうで、イメージとしてはシンデレラ城よりもホーンテッドマンションに近いのかな?と思います。

このアトラクションは2020年春を導入時期としていますので、それが春休み明けなのかどうか?がポイントになりそうです。

またグランドサーキット奥、スペースマウンテン裏にディズニーランド初のライブエンターテイメントシアターが導入されるそうです。

説明文も絵本から飛び出してきたようなシアターと書かれているので、アリス関係かな?と思っていたりします。

ディズニーランドの開発~トゥーンタウンエリア~

個人的にはこれが一番うれしい!トゥーンタウン入ってすぐに右手にミニーちゃんとグリーティングする施設ができるそうです!

説明文もミートミッキーと同じような感じなので、衣装が毎回違うミニーちゃんに出会えるのかもしれません。

こちらも2020年春に導入予定です。

ディズニーランドの開発~トゥモローランド~

トゥモローランドではなんと、ベイマックスをテーマにしたアトラクションが導入されるそうです。

公式サイトの内容の説明が軽快な音楽に合わせて予測不能な動き・・・とあるのでプーさんのハニーハントのような感じと想像しています。

うーん、でもデザイン画を見ているとスカットルのスクーターにも見えるなぁ・・・、体験時間が1分30秒となっているのでこれもスカットルのスクーターと同じなので、スカットルのスクーターと同じようなものと予想します!

またトゥモローランドというだけあって、ハッピー15エントリーのアーリー対象アトラクションになる可能性もありますし、大人気のアトラクションになりそうです。

こちらも2020年春に導入予定です。

ディズニーシーの開発~メディテレーニアンハーバー~

メディテレーニアンハーバーに新しいアトラクションが導入されるそうです。

シミュレータータイプのアトラクションでライドして風やにおいを感じながら世界中の名所や大自然をめぐる雄大な空の旅を楽しめるようなので、怖くないアトラクションって感じですね。

こちらは2019年度に導入予定だそうです。

ディズニー開発の個人的見解

うーん、やっぱり、ディズニーって素晴らしいですね。さいなら!さいな・・・違った(笑)

やっぱりこうやって記事にしているだけで、興奮してくるからディズニーのすごいところだなーと感じます。

しかも、ちょろっと書いてあるわけですよ、プレリリースに。

2021年度以降の方針について・・・東京ディズニーリゾート内のホテル客室数の増加を考えているって。

これを見たときは、ビックリしました~。

ディズニーリゾート内にホテルを作るのか?それともディズニーホテルを作るのか?判断が分かれるところですが、私の解釈ですとディズニーリゾート内(ディズニーランドかディズニーシー)にできるのではないか?と考えています。(むしろそうであってほしい~)

パーク内にいるからディズニーホテルの価値って上がると思うので、ぜひ、お願いいたします!

 

ただ、残念なことにグランドサーキット・レースウェイ(2017年1月閉鎖)とスタージェット(2017年秋から冬閉鎖)、一部の飲食施設、商品施設をクローズすることも同時に発表されています。

新しくなることはうれしいですが、今までの思い出の場所が無くなってしまうのはさみしいですよね・・・。

これらが無くなるということは男の子向けアトラクションが減ることが予想されるので、ベイマックスは男の子向けなのかなーとも思います。

実際に上の子はベイマックスが大好きで、いつかヒロみたいなロボット発明家になるそうです。(笑)

 

また、噂になっていたアナ雪エリアの話が全くありませんでしたね。

これが予算オーバー気味なのか、利権の問題なのかわかりませんが、まだしばらくは実現されないかもしれません。

まとめ

ディズニーの最新ニュースをお話しました。

プレリリースからずいぶんと飛躍した個人的な考えがありますが、想像を膨らませて楽しんでいる分にはいいでしょう。

しかし2020年の東京オリンピックに合わせてくるとは・・・、確かに2021年はディズニーシーが20周年ですし、2018年はディズニーランド35周年ですから何もない時期に頑張って被せてきましたね。。

2020年は夏場はディズニーシーの方が空いているでしょうね。

楽天モーションウィジェット

 - ディズニーの計画, ディズニーシー, ディズニーニュース, ディズニーランド, ディズニー情報