プーさんのハニーハントは2歳でも乗れるアトラクション?

      2016/01/25

プーさんのハニーハントは2歳でも乗れる?

プーさんのハニーハントとは東京ディズニーランドのファンタジーランドにあるアトラクションの一つです。

ファンの間ではハニハンという略語で呼ばれることが多いです。

今回はハニーハントの乗車条件を中心に2歳でも乗れるかどうかなどについて語っていきます。

 

乗車制限は?

ハニーハントの乗車条件は乗り物にひとりで座って安定した姿勢を保てる方というあいまいな表現です。

しかし、抱っこでは乗車することができないので気を付けなければなりません。

補助なしで座っていることが条件なので乳児(0歳代)でも発達の早い子は乗車できる可能性がありますが、途中に激しい振動や予測不能な動きをするハニーハントは小さい子には少し酷かもしれません。

 

スタンバイの待ち時間は?

ハニーハントのスタンバイの待ち時間は、閑散期の空いている時期は15~30分で乗れるときもありますが、混雑時は150~220分にもなるほど大人気です。

プーさんのハニーハントは、アトラクションが始まってから(2000年9月1日)「くまのプーさん」人気によってとてつもない待ち時間が発生してます。

現在では、ファストパスの導入が行われているため、以前のようなスタンバイ480分などという時間にはならなくなりましたが、依然としてスタンバイ待ち時間は長い傾向にあるアトラクションであるのは間違いありません。

 

ファストパスの発券状況は?

ハニーハントのFPは、閑散期ならば開園直後だと取得した1時間後くらいで乗ることができますが、閑散期でも基本的には15時前にはファストパスがなくなります。

混雑時は10時頃には発券を終了している可能性があって、その10時頃でも乗車できる時間が9時半頃になるなど子連れには厳しい状態になります。

もしもハニーハントをどうしても乗りたいならば、混雑時であれば1番最初に取ることをおすすめしますね。

 

プーさんのハニーハントのコツやポイントは?我が家の場合

我が家では、ハッピー15エントリーでアーリー入園したときにファストパスを発券するか、スタンバイで乗ってしまうかのどちらかにしています。

ただ、モンスターズインクのライド&ゴーシークも好きで、どちらも大人気のアトラクションなので、ファストパスはモンインで取るようにしてハニハンはスタンバイでライド(乗る)ようにしています。

ハッピー15エントリーでスタンバイ乗車する場合は、待ち時間は5-10分程度で、あの大きな本などをじっくりとみている暇は全くないほどスイスイと進んでしまいます(笑)

プーさんのハニーハント
 

所要時間やライドの形状は?

プーさんのハニーハントの所要時間は、およそ4分です。

あれだけの待ち時間でたった4分とみるか、貴重な4分と考えるかは本人次第ということですね。

 

また、ライドの形状はハニーポッドの形をしていて、前に2人、後ろに3人乗れる合計5人乗りです。

我が家はいつも4人で体験しますが、毎回1台に乗せてくれます。

 

ハニーハントの2歳児の反応は?

2歳の子の反応は、もうプーさんやティガーのキャラクターを認識しているだけあって、とても喜んでいました。

ただ少しシーンが怖い場所があったため、そのときは怖い!と言っていました。

 

またプーさんのハニーハントの乗車制限をクリアーしても(補助なしで座っていることができる)、お子さんの性格によっては乗ることが厳しいお子さんもいると思います。

実は下の子が1歳になりたてくらいに乗車したことがあるのですが、この時は子どもの首の後ろにうでを回して安心させ、振動から守ったりしました。

今となっては、無理して乗せる必要はなかったな。。。と後悔しています。

アトラクションの内容も少し怖い場面があるので、愚図ったり泣いたりしちゃう子もいると思います。

 

小学生の反応は?

上のビビりの小学生でもプーさんのハニーハントは喜んで乗ります。

特にはちみつ大砲のところでは大砲に当たるととても喜びますね~、あとはちみつのにおいなどでもテンションが上がるそうです。

シンドバッドではバナナのにおいでテンションの上がる単純な上の子です(笑)

 

大人の反応は?

プーさんのハニーハントはスリリングなアトラクションではないので大人では物足りないと思います。

私も最初はどうしてプーさんのハニーハントがそれほど人気なのかわからなかったのですが、予測不明な動きをするライドに乗り込み、ティガーのジャンプなどを体感するという知れば知るほどハニーハントのすごさを理解しています。

 

ただ夫はやはりまだプーさんのハニーハントのすごさは理解できていないようです。

付き合ってくれるだけヨシとしますが(笑)

 

子連れでアトラクションを利用する際におすすめの本

我が家では乗車制限に引っかかってしまう下の子でも乗れるアトラクションを調べるのに大活躍したのがこの本です。

インパする前のシミュレーションにはもちろん、脳内インパに利用しています。

東京ディズニーリゾートアトラクションガイドブック(2015-2016) [ Disney Fan編集部 ]

価格: 1,080円
(2016/06/23 10:08時点 )

感想:2件


 

まとめ

プーさんのハニーハントは2歳児でも0歳児(お座りがきちんとできる子)ならば乗れなくはないです。

ただ、安全バーが下りてくるので途中で抱っこはできませんし、もしも抱っこしたりして安全に運行ができない状態になるとアトラクション自体が止まってしまう可能性があります。

そうなると赤ちゃんだけではなく、ゲストやキャストの方にも迷惑をかけるので十分に考慮してライドするかどうか決めましょうね。

 

お子さんの状態を一番よく知っているのは、保護者の方だと思います。

ファストパスの時間が間に合わなそうだからと愚図っている子を無理やり乗せたりしないよう、きちんと計画を練っていきましょうね!

 

楽天モーションウィジェット

 - ディズニーランド, ディズニーランドのアトラクション , ,