ディズニーランドで赤ちゃんでも乗れるアトラクションは?

      2015/12/05

ディズニーランドで赤ちゃんでも乗れるアトラクション

もともとディズニーランド好きの人にとっては、赤ちゃんが生まれてからしばらくいけない状態にあるといつ赤ちゃんをディズニーデビューさせるか悩むと思います。

ディズニーデビュー自体は月齢が浅くてもお散歩などと割り切れば、比較的早い段階(6か月過ぎ)でも可能ですが、やはり赤ちゃんと一緒にアトラクションも楽しみたいと思う方も多いと思います。

今回は、実際に下の子が赤ちゃんだったときに乗車したアトラクションなどの感想を踏まえて、ディズニーランドで赤ちゃんでも乗れるアトラクションを調査しました。

 

ディズニーランドのアトラクションの乗車制限条件

まずディズニーランドでは、乗車制限が「身長制限なし」と「補助なしで座れることが必要」、「90cm以上OK(3歳未満利用不可)」、「102cm以上OK」というずいぶんとザックリとした制限しかありません。

特に「補助なしで座れることが必要」という表記は赤ちゃん連れの方にとってはあいまいな表現だなーと思うと思います。

補助なしで座れるというと、おそらく10か月過ぎくらいには対応できる子が多いと思いますが、実際は座れるだけではアトラクションに乗車させるのはかわいそうです。

 

実際に乗った乗車制限のあるアトラクション

保護者の方が本当に知りたいのは乗車制限のあるアトラクションでも赤ちゃんは乗車しているかどうか?だと思います。

それでは我が家の下の子が11か月の時に利用したアトラクションについてご紹介します。

  • 白雪姫と七人のこびと
  • ピノキオの冒険旅行
  • ピーターパン空の旅
  • プーさんのハニーハント
  • モンスターズ・インク"ライド&ゴーシーク!"

ただこの中でも「白雪姫と七人のこびと」と「プーさんのハニーハント」、「モンスターズ・インク"ライド&ゴーシーク!"」はオススメできません。

白雪姫はアトラクション内が終始、暗く怖い魔女ばかりが出てくるため泣いてしまう可能性があること、ハニハンは動きが不規則なので赤ちゃんが体勢を整えるのはきついこと、モンスターズインクも動きが速く激しいことなどがあるため、赤ちゃんにとって楽しいものでは全くありませんでした。(乗せてしまってとても後悔しています。)

 

赤ちゃんに良い選択を

補助なしで座れることが必要とされているアトラクションでも、赤ちゃんが愚図って泣いてしまい、アトラクションが止まってしまうということがあり得るそうです。

またアトラクションに乗車するときは、赤ちゃんが機嫌のよいときを選んであげるようにしてFP(ファストパス)の時間が迫っているからと無理やり乗せるのは避けましょう。

インターネットで赤ちゃんも乗れたから、という情報ばかりを鵜呑みにせずに、発育状況や赤ちゃんの状態を一番よく知っている保護者の方が判断するようにしてくださいね。

 

身長制限のないアトラクション

それでは、全く利用制限のないアトラクションの一覧もまとめてみました。

これは抱っこでも利用できるものなので、万が一、抱っこをせがまれてしまっても乗車できるので安心です。

意外なのは、「ホーンテッドマンション」と「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」ですが、赤ちゃんが喜ぶかどうかは別問題ですね・・・(苦笑)

ワールドバザール

オムニバス

ディズニーギャラリー

ペニーアーケード

アドベンシャーランド

ウエスタンリバー鉄道

ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション

スイスファミリー・ツリーハウス

魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ"アロハ・エ・コモ・マイ!"

ウエスタンランド

ウエスタンランド・シューティングギャラリー

カントリーベア・シアター

蒸気船マークトウェイン号

トムソーヤ島いかだ

ファンタジーランド

アリスのティーパーティー

イッツ・ア・スモールワールド

シンデレラのフェアリーテイル・ホール

ホーンテッドマンション

ミッキーのフィルハーマジック

トゥーンタウン

グーフィーのペイント&プレイハウス

チップとデールのツリーハウス

トゥーンパーク

ドナルドのボート

ミニーの家

トゥモローランド

スティッチ・エンカウンター

バズ・ライトイヤーのアストロブラスター

 

オススメのアトラクション

上記に記したように乗車制限のないアトラクションは結構あります。

しかし、実際に下の子が11か月の時に乗って喜んだのは、「イッツ・ア・スモールワールド」と「魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ"アロハ・エ・コモ・マイ!"」くらいですね・・・(--;)

1歳に満たない赤ちゃんにとって、ディズニーランドで遊ぶことは近くの公園を散歩するのと同じですし、すぐに疲れてしまうんだなと実感しました。

 

まとめ

今回は赤ちゃんでも乗れるアトラクションのうち、補助なしで座れることが必要という乗車制限のあるアトラクションの実際の感想を中心にお送りしました。

我が家はもう上の子が大きいので、どうしても下の子は上の子に合わせてレジャーをせざるを得なくなっています。

もしもディズニーデビューをお考えならば、赤ちゃんの状態を一番に優先してあげてくださいね。

我が家と同じように上の子と付き合わせる状態になるならば、ランドホテルやミラコスタを宿泊予約するなど、赤ちゃんが休憩できるようにしてあげるとお母さんも気楽だと思いますよ。

 

楽天モーションウィジェット

 - ディズニーランド, ディズニーランドのアトラクション , , ,